レバレッジがわかればFXがわかる

結婚して出産し、娘ができて小児科にお世話になるようになりました。

 

自分のことなら熱が出たらしばらく寝てれば直る、寝るのが一番!と思っていましたが自分の子だとそうはいきません。

その熱が何かの病気の原因ではないかとか心配になり結局小児科のお世話になります。

 

私が小さいころに通っていた佐野市の内科には銀河鉄道スリーナインのポスターが張ってあったのを覚えています。

メーテルのまつげの長いこと、なんとなくじっと見つめてしまう不思議なポスターでした。

 

いつも穏やかなおばあちゃん先生がいて、診察が終わった後は黄色のラムネのようなもの・・・今考えるとビタミンCのタブレットかなと思いますが、をくれて、なんとなく安心できる空間だったことを思い出します。

 

注射などもして泣いたこともあるはずなのにいやなことは覚えていないのです。

 

今娘が通っている小児科も穏やかなやさしい先生です。

小児科にかかった後は娘も安心するようです。

それよりも、ただの風邪だった〜という私の安心感が移るのかもしれませんね。

 

できるだけ、十分に節税をしたくて、税理士と試してみると、

意外と良い税理士って見つからないものです。

 

というか一度任せてみないと、

良いのか悪いのか?その判断すらつきません。

 

実際今の節税方法でも、良いのかもしれませんし、

それ以上の節税にチャレンジするのか?どうなのか?

 

その当たりはやはり、税理士によっては、まったく異なってくる

部分なのではないでしょうか?

 

人や費用に注目する方もいますが、選び方でおすすめなのが、

どんな節税方法を提案してくれるのか?を聞くことです。

 

実際に口で何をいわれても???という時がありませんか?

その節税の提案の分かりやすく伝えてくれるような、

税理士が一番良いのではないでしょうか?

 

税理士をお探しの場合は、相談だけであれば、

無料となっている事務所も多いですので、一度、各事務所に相談してみるのもありかもしれませんね。

 

おすすめはコチラ⇒丸亀 税理士

FXには、レバレッジ効果によるハイリスクがある一方で、実はリスク管理のしやすい取引の一つと言えます。

 

つまり、ハイリスクなだけでなく、ローリスクな取引も行えるのがFXの特徴の一つだとも言えます。

 

主なリスク管理の方法は、レバレッジ倍率の調整です。

 

少額で何十倍もの取引を行えることが、FXのメリットでありデメリット(=リスク)ですが、この倍率を調整することで、自分の資産に合わせたリスクに調整できます。

 

また、インターネットなどにより、リアルタイムに世界情勢やレートを知ることが出来ることが出来て24時間取引が行えるので、損失が大きくなる前に売買が行ったり、損失が出る前に取引を終わらせることも可能です。

 

大切なのは、自分がどれだけのリスクを処理することが出来るかを計算し、それに合わせた取引内容を行うことです。

 

また、損失が出た際に見切りを付けることも、リスク管理と言えます。

 

また、リスク管理ではありませんが、株式の場合はその企業が倒産すれば、株式の価値は無くなりますが、為替の場合は企業ではなく“国家”なので、その国家が滅亡するなどの極端な例外を除き、その国家の貨幣の価値が0≠ノなることはありません。

 

その為、リスク管理さえしっかり行っていれば、全損することは、まず無いとも言えます。

「レバレッジ」の語源は「てこの原理」で、少ない力で大きな効果を出すということから、少額で大きな取引を行うことを言います。

 

また、証拠金の何倍の外貨を取引するか、という倍率のことも指します。

 

少額で大きな取引を行うことが出来る為、予想通りにレート変動すれば、大きく利益を上げることも出来ますが、失敗すれば、大きな損失を出しかねません。

 

その為、『ハイリスク・ハイリターン』の取引だと言えます。

 

例えば、レバレッジ倍率が1倍(投資金額=取引金額)の時には、1万円の利益しか出ない場合でも、レバレッジ倍率を100倍で取引を行えば、100万円の利益が生み出せるということになります。

 

逆に、1倍の時には1万円しか損失が出ない場合でも、100倍の取引を行えば100万円の損失になってしまいます。これがリバレッジ効果によるリスクです。

 

この時、損失額が自己負担できる金額なら、問題はありませんが、自己解決できない場合には「破産」にもなり兼ねない為、注意が必要となります。

 

しかし、このレバレッジ倍率は各業者により設定の倍率が異なってもいますが、自分で自由に決めることが出来ます。

 

その為、ハイリターンを望めばハイリスクになりますが、ローリターンで満足するならローリスクに抑えることが可能です。

例えば1米ドルが100円として計算すると、1,000通貨単位の取引金額は100,000円です。

 

取引保証金額が10,000円なので、この場合はレバレッジが10倍となります。

 

1米ドルが110円になれば110,000円になり10,000円プラス、90円になれば90,000円で10,000 円マイナスですから、元本が一気になくなってしまいます。

 

わずかな期間に自己資金が倍になる事もあれば、逆に自己資金を失うこともあります。

 

レパレッジはプラスにもマイナスにも作用するので、甘い言葉にだまされないようにリスクについてもしっかりと考えて取引しましょう。

 

また実際の取引にはこの取引金額の差額に、スワップポイントと取引会社への手数料が掛かります。

ここでレバレッジについて、簡単に例を挙げながら説明していきましょう。

 

為替レートで、1ドル=120円とします。これを1,000ドル運用しようと思ったら、通常「120円×1,000」つまり日本円で12万円が必要です。

 

しかし、FXではレバレッジがありますから1,200円で12万円分の1000ドルを運用できるのです。

 

なぜ10分の1の値段で資金運用ができるかというと、それはレバレッジが10倍だからです。

 

会社によってこのレバッレジ倍率はレバレッジはまちまちですが、50倍〜100倍に設定されていることが多く、中には200倍なんていう会社も存在するようです。

 

ただ、レバレッジの利点と、リスクは裏表の関係です。

 

この20円の変動が仮に、円安への変動(価値の下がる動き)だとしたら…。

 

おわかりですね?

レバレッジを効かす事によって自己資本は小額でもかなりの金額を動かすことができるので、FXでは例えば1万円程度からでも取引開始が可能です。

 

1万円が元本でレバレッジが10倍ならば10万円分の取引が可能になり、100倍であれば100万円の取引が行えることになります。

 

しかし100倍の場合には、わずか1%の値動きが自己資本である保証金と同じ額になってしまいます。通貨ペアによっては値動きが激しいので、注意が必要です。

 

最近では1,000通貨単位での取引が出来る会社が増えたので、USD/JPYの取引が10,000円から始められる会社も増えています。

 

この場合の実質的なレバレッジは、11倍〜13倍位となります。

最新ニュース

  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • 銀座スキンクリニック
  • 脱毛ラボ

  • HOME レバレッジとFX レバレッジの基礎 レバレッジの注意点 レバレッジによるリスク リスク管理について